×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

[目次]
[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

相続 (そうぞく) とは、自然人の財産などの様々な権利・義務を他の自然人が包括的に承継すること。一般的には、自然人の死亡を原因とするものを相続と称することが多いが、死亡を原因としない生前相続の制度(日本国憲法が施行される前の日本における家督相続は、死亡を原因とする場合もしない場合も含む)も存在する。
民法の第5編で規定されている。

相続人

被相続人の財産上の地位を承継する者のことを相続人(そうぞくにん)という。またこれに対して相続される財産、権利、法律関係の旧主体を被相続人という。相続開始前には,推定相続人といい、被相続人の死亡による相続開始によって確定する。相続人となる者は,被相続人の子・直系尊属・兄弟姉妹及び配偶者である。

相続順位

遺言がない場合、次のようになる。

  • 被相続人の配偶者
  • 被相続人の子
  • 被相続人の直系尊属
  • 被相続人の兄弟姉妹

欠格

  • 相続欠格(第891条)
    被相続人や他の相続人を死亡させる、遺言書を破棄、捏造するような重大な不正行為をした場合に相続人としての資格を失なう。

廃除

  • 相続人の廃除(第892条)
    被相続人に対し、虐待侮辱や著しい非行があった場合、被相続人が(または遺言により)家庭裁判所に申し立てる事によって、その相続権を喪失させるもので、対象者は遺留分を有する推定相続人に限られる。
  • 遺言による申し立ても可能である。
  • この制度を利用すると、遺言によりある相続人に対し遺留分以下の配分を行なうことが可能である。
  • 自分の意に沿わない結婚を行なったというような理由では廃除は認められない。

代襲相続

相続の開始以前に相続人の死亡、相続人の欠格・廃除によって相続権を失った場合、その相続人の直系卑属が相続人に代わって相続する。相続人に代わって相続することを代襲相続と言い、代襲相続する人を代襲者と言う。相続を放棄した場合は代襲相続は発生しない。

  • 相続人が子の場合 - 代襲者はその孫、曾孫、玄孫と続く
  • 相続人が兄弟姉妹の場合 - 代襲者は甥、姪まで

相続の効果

相続分

  • 法定相続分(民法第900条)
  • 指定相続分(民法第902条)
  1. 被相続人は、遺言で、共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。ただし、被相続人又は第三者は、遺留分に関する規定に違反することができない。
  2. 被相続人が、共同相続人中の一人若しくは数人の相続分のみを定め、又はこれを第三者に定めさせたときは、他の共同相続人の相続分は、法定相続分の規定により定まる。
  • 相続分の取戻権(民法第905条)

遺言がない場合は次の通りとなる。

順位 相続人 相続分(遺留分)
配偶者 他の親族 配偶者 他の親族
1位 1/2(1/4) 1/2(1/4)
2位 直系尊属 2/3(1/3) 1/3(1/6)
3位 兄弟姉妹 3/4(1/2) 1/4(無)
4位 全部(1/2) -
5位 - 全部(1/2)
6位 直系尊属 - 全部(1/3)
7位 兄弟姉妹 - 全部(無)
※他の親族の該当者が複数存在する場合は相続分の中から均等分にする。
※非嫡出子の相続分は嫡出子の相続分の二分の一とする。

遺産分割

  • 遺言による分割の方法の指定(民法第908条)
被相続人は、遺言で、遺産の分割の方法を定め、若しくはこれを定めることを第三者に委託し、又は相続開始の時から5年を超えない期間を定めて、遺産の分割を禁ずることができる。
  • 遺産の分割の効力(民法第909条)
遺産の分割は、相続開始の時にさかのぼってその効力を生ずる。ただし、第三者の権利を害することはできない。


相続について漫画と文章で説明してあり、とてもすんなりと読むことができました。法律関係の書にしては著者の語り口がやわらかく、すんなりと頭に入ってくる点が良かったと思います。 私は実は士業なのですが、相続についてはあまり手がけていないために、その立場からもとても参考になりました。

相続関連の本を3冊購入したが、この本が一番わかりやすかった。それぞれの項目が見開きになっており、図解や計算例が多い。相続時精算課税のメリット・デメリットや届出に関する説明が非常に参考になった。索引も大変丁寧にできている。

相続という著者の専門や意図が見え隠れする本が多い中で、本書は比較的ベーシックに書かれており好感が持てる。「色」が無いという点では、日本相続新聞社のはじめての相続・贈与ABCも色が無くて良い。相続は未体験の人も多いと思うので、本書のように偏りのない本がもっと多くてできて欲しい。

相続税がかかるかどうかは別として相続に関する一連の流れを確認するために1度は読んでおく本だと感じました。平易な文章なので初心者にもわかりやすく親切ですし、著者自身を宣伝するために書かれた本が多い中、新聞社という中立的な立場で書かれているので非常に好感が持てました。もうちょっとつっこんだ第2弾を読んでみたいです。

私は子供世代ですが相続に関する知識は被相続者も持っていなければいけません。財産の多寡にかかわらず親子の間でも『お金』の話をしなければならない時は必ず来るのですから。先送りせずに早いうちに話し合うべきです。と、家の親にも常日頃から言っておるのですが勉強しません。この本を読ませるつもりです。

この手の本は比較的回答があやふやで結局どうしたらいいの?ということが多いのですが、本書は相談内容の回答が明快な点に好感がもてました。図解も見やすく理解しやすかったです。 今回、自宅の購入資金(贈与orローン)をどうするかで悩んでたなか本書を見つけ、購入したのですが、相続の観点でも考える必要があるというのが分かったのは目からうろこでした。

葬儀後の法要・諸手続き、遺言や遺産相続などについて詳しく説明されています。特に、後半の遺言、遺産相続、相続税に関しては、弁護士+税理士が監修していることもあって、実務上必要なことがきっちりと書かれています。さーっと読み流すのは難しいですが、この本を見ながら、1つ1つの手続きを進めていくと良いでしょう。巻頭のスケジュール&チェックリストも便利。

この本に書かれている内容は、誰にでも起こりうることである。明日は我が身である。「そのとき」が来てから慌てても遅い。自分は大丈夫か、この機会に総点検と遺言書の準備を勧める。

遺産相続を巡って家族間で醜い争いをするのは、よほど人格の低い人間の集まりか、争うに値する財産のある家族に限った問題であると思っている方が大半だろう。しかし、この本は、よりよく自分の人生を終了するためには、生きている間に築き上げたもの、例えささやかな庶民と云えども何がしかの動産、不動産の類いがあるはずで、これをいかにして、きれいに残された人に受け渡す準備をしてあの世に旅立つことが大切であるかを教えている。
老人税!とはとても刺激的なことば。 今、日本の個人資産の70%は老人が握っている。日本は借金で今にも倒産しそうだから、この際、お金持ちの老人たちから、いろんな手口でお金をいただこう、というのが「老人税」。

親の死という事件のあと、子供時代までさかのぼっての遺産相続の争いは読むものを引き込みます。遺産相続の額が多いケースが中心ですが、高齢化社会のいま、ある程度の相続資産をもつ人は読んでおいて損はないと思います。ただ、子供に何も残さないでいくというのは現実に難しいと思いますが。それだけ資産を相続するにあたり、人間が振り回されるということなのです。
この本を親子で読んでおけば、 あとあとほぞを噛むようなことはないでしょう。 本当の話、相続準備のあるなしで、 相続税は1000万単位で変わりますからね。

マルクス・レーニンに始まる累進課税、相続税の思想は社会主義者(共産主義者)の憎悪の結果であり、それは、はしなくもソ連の崩壊とともに潰え去った。シカゴ学派のクラシカル・リベラリズム、あるいは、ハイエクに代表される自由主義経済学は、現今、再評価されるべきものと思われる。カナダ、ニュージーランド、スイス(ほとんどの地域)等で、なにゆえ、相続税が廃止されるに至ったか、学問的に研究する余地があるだろう。
最近このようなことがありました。 先日、知り合いの子供のいない夫婦のご主人がお亡くなりになりました。 親族会議ですべて奥様が相続されました。 1年もたたない先月、その奥様も急にお亡くなりになりました。 両方の親族で、もめにもめているようです。 この本は、われわれがこんな内容で相続させたいがそれにはどのようにする方法があるのかという情報を得るのには最適です。




Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク