×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

地震速報ネットワーク ホーム

検索エンジン

地震対策法

メニュー

地震対策グッズ

地震ニュース

救急グッズ

お知らせ

防災グッズ

おすすめ

Google


 

目次 [1] [2] [3]
[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

地震(じしん earthquake)とは、

  1. 普段は固着している地下の岩盤が、一定の部分を境目にして急にズレ動くこと。
  2. それによって引き起こされる地面の振動。

の2つの意味で使われる。

正確には 1. を地震(じしん)と呼び、2. は地震動(じしんどう)という。一般にはどちらも地震と呼ぶ。また、火山マグマの上昇などによって起こる火山の山体内部での地震を火山性地震爆薬などにより引き起こされる震動を人工地震と呼ぶ場合がある。人工地震に対し、自然に発生する地震を自然地震と呼ぶ。震度や地震波の規模が小さい割りに、大きな津波が起こる地震を津波地震という。

地震には、前震 (foreshock)・本震 (main shock)・余震 (aftershock) がある。

通常は地震というと地震動を意味することが多い。また、動いた境目を震源と呼ぶ。一度の地震により複数の地震が連動することが多く、これらの震源が集中しているところを震源域と呼ぶ。 地震により発生する波を地震波と呼ぶ。地震波には、地表を伝わる「表面波」(レイリー波・ラブ波)と岩盤中を伝わる「実体波」(P波・S波)がある。

地震による災害のことを震災(しんさい)と言う。特に激甚な被害のあった震災のことを大震災と言い、地震とは別に固有の名称がつけられることがある(関東大震災阪神・淡路大震災など。但し命名するか否かは気象庁長官の判断に委ねられる)。

過去に発生した地震の詳しい情報は地震の年表を参照。

地震の規模と揺れの指標

地震の規模を表す指標の一つにエネルギー量を示すマグニチュードがあり、Mと表記する。マグニチュードには測定方法によっていくつかの種類がある。日本では、気象庁が発表する気象庁マグニチュードのことを、単にマグニチュードと呼ぶことが多い。 地震学では、地震モーメントと呼ばれる値が地震の規模を表す指標として用いられている。

地震動の大きさを表す指標には一般に広く使われている震度のほか、地震動そのものの最大加速度や最大速度が用いられる。建築物や土木構造物の耐震設計の分野では応答スペクトルSI値という指標も、地震動の大きさを表す方法として広く用いられている。

地震予知

一般に、地震の発生を事前に「正確に」予知することは困難とされている。

ひと口に地震の予知と言っても、そこにはさまざまな範囲や形式が考えられる。 端的に言って「何月何日の何時に、何処でどれだけの規模の地震が発生する」といった範囲・形式での予知を、科学的な手段による根拠を提示して行うことは、少なくとも現時点では不可能と言ってよい。

地震学者や行政が公式に認め取り組んでいるのは、ほとんどが地学的な地震予知である。また一部の研究者は従来の地学的手法とは異なる観測方法を用いた地震予知を研究している。これらのほかに、地震前に広く見られると言われている種々の前兆現象(宏観異常現象)を予知に用いる研究をする人もいるが、地震学者からはほとんど認められていない。

広く認識されている地震予知

地学系研究:概略として、地殻にたまったエネルギーがひずみとして蓄積され、それが数秒〜数分という短時間に一気に解放される現象が地震である(数日〜数ヶ月に渡って解放されるスロースリップ現象なども、広義の地震には含まれるが)。そのため、地震学者はまず地殻や断層のひずみ(変形)の量、方向などを検証し、蓄積されていると考えられるエネルギーから各断層についてそれぞれのデータを集積し、切迫度や規模などを推測する。

この各種のデータや知見の精度を向上させることによって、既知の断層に関してはその切迫度(地震発生が近いかどうか)や、活動した際に解放され得るエネルギーを推測することは可能であり、断層が活動した際(地震が発生した際)の脅威度の比較や被害の算定、対策などに繋げてゆくことができる。

ただし、特定の断層にたまったエネルギー量がいつ地震を起こすほどになるかを判定することは容易ではない。 地震は岩石の破壊によって生じる現象であるが、そもそも破壊とは偶然に依存する面が大きいこととも関係している。例えるなら、「弓の弦がどの程度張っているか」を推測することは、既知の観測体制の整った断層に対しては、現時点でもある程度は可能である。一方、特定の地殻や断層に蓄積されたエネルギーが実際にいつ解放され地震を起こすか、「張り詰めた弦がいつ切れるのか」を判定することは容易ではない。

これが、現在地震学者などが一般的に認める「地震予知」という概念である。

現実的な地震予知の可能性については、茂木清夫東京大学名誉教授、前地震予知連絡会会長)が指摘した。すなわち、1944年東南海地震の直前に静岡県掛川市で実施されたいた水準測量で、地震の直前に異常な変動が観測されたというものである。これはその後、「東海地震は予知可能」との国の見解や世論へと発展した。一方で鷺谷威名古屋大学助教授)など、その水準測量データや解釈に疑問を持つ科学者も多い。

まれに、海外で地震予知に成功したという話が聞かれる。たとえば1975年中国で発生した海城地震は地震予知に成功し多くの人命が救われた例である。しかし 翌1976年唐山地震は、発生する可能性が高まっていることが分かっていたものの決定的な情報がないまま結局予知することができず、約24万人が死亡した。ギリシャでも地震予知に成功した例があるが(ただし政府は予知を認めず、科学者が独自に警告していた)、成功例はその1回のみで、同国ではその後もたびたび被害地震に見舞われている。

こうした海外の例が示すように、地震予知は場合によっては可能だが、地震を「確実に」予知するということは極めて困難であるというのが地震学者の一般的な認識である。



巷にある同様な本をかなり読みましたが、すべて難解でした。しかし、この本は初心者の読者の心理を見事に想定されていて、最もわかり易かったです。同様のテーマの本をお探しの方は、まず、細野さんの本を読んで次のステップに行かれる方が私は近道だと思います。自己責任の時代と言われるようになって数年経過した世の中で、その為に、金銭(投資)理解を深めなきゃ・・・と思っている方は多いと思いますが、時間は有限です・・・。その有限時間を無駄にしないためにも、初心者(初学者)にはうってつけの本だと思いますよ。

 縦軸に日本の地震保険の歴史を、横軸にアメリカ、ニュージーランド等の外国の地震保険の実情と問題点。2つの点から、今の日本における地震保険の問題点を整理し、新たな実現可能な地震保険の制度の提言を行っている。  初心者でもわかる様に、平易な表現が使われているので、専門書というより一般教養書ともいってもよいかもしれない。これから学ぶ人にぜひ勧めたい一書である。

タイミングとニーズにまさにマッチした、ヒット作品だと思います。給水設備、救護施設、震災時に徒歩で利用できる道路とそうでないところなど、必要な情報が入手できます。紙媒体として出来る最大限の情報提供になっていると思います。個々の帰宅経路や最短距離を瞬時に把握するという意味では、セコム(株)の関連会社である(株)パスコが、システム上でそれができる、たいへん使い勝手の良いソフトを、ユーザひとり当たり極めて安価で企業や学校向けに供給しています。

「地震や水害で被災したときにどうすればいいんだろう?」 ふと思ったときに出逢ったのがこの本だった。 アウトドアの技術があればもしも外部からの救援が遅れても家族や隣人を守れるというもの。 煮炊きや救急処置、移動方法まで載せてある。新書サイズでコンパクト。 単純に新しく防災グッズを購入して安心・・・というよりは、日ごろからアウトドアグッズなどを活用して、生きる力を身につける事の方が大切かもしれない。 そんな発想の逆転が新鮮だった。

救急救命講習を受けたものの、内容に物足りなさを感じていた中でこの本を手にした。他のファーストエイドの本と比較する中で、最先端のレスキューに基づいた内容で、野外で活動するのに必要最小限の情報が盛り込まれている。いつも持ち歩きマスターするのに最適なサイズと、判り易い赤色のカバーも気に入っている。

まずですね、著者の略歴にぶっ飛びそうになりました。「フランス外人部隊として、コンゴ動乱、アルジェリア戦に参加。インドシナで対ゲリラ戦を闘い…」ですよ。こんな人が説くサバイバル術は実に骨太です。 内容は、天災に始まり、野生動物や伝染病、各種事故と進み、しまいには暴動、戦争、クーデター、あげくに生物・化学・核兵器に見舞われた時の生き残り方まで記されています。それこそ、日常的に参考にしたいと思えるものから、これはまた…と絶句しそうなものまで。 考えてみれば今日、こんなことあり得ないよと一笑に付することは、どうもできないようです。

とかく地震対策などというと、冗長な説明になりがちなところだが、ロールプレイ型にして読者が興味を失わないようにしつつ、平易に読めるようになっている。 内容自体も、例えば「柱に深いX字の亀裂が入ると、その建物は倒壊の危険がある」とか、「女性のナイロンストッキングは、炎が迫ったとき熱で溶けて肌にくっつき、重度のやけどの原因になるので脱ぐ」といったものや、携帯電話や携帯ラジオの賢い使い方など実践的な知恵が数多く紹介されていて非常に参考になる。 また、地震でライフラインを失った時の避難所生活についても、阪神淡路大震災、新潟中越地震などでの実態を踏まえて、少しでも快適に暮らす工夫が紹介されており、こちらも貴重な情報だと感じた。 「大事なことだけれど、正直とっつきにくい」地震対策というテーマに手をつけるには格好の本と言えると思う。

防災は都市工学、土木工学、建築工学等あらゆる分野においても重要な課題。特に地震は都市において最大の犠牲を伴う。本書は都市災害時のサバイバルについて詳細解説がされており日ごろからの教訓として学ぶべき内容である。

私の親戚が中越地震で震源地だった小千谷市に住んでいて、その悲惨さは良く知っていますが人の記憶ではすぐに消えてしまいます。なのでこの本を購入しました。 この本にはニュースで写っていた写真が沢山載っています。 また、一番被害の大きかった山古志村の写真も沢山載っているので、この震災の事を忘れない為にもオススメします。

 2004年12月26日、スマトラ沖で発生したM9.0の巨大地震による大規模な津波は、インド洋沿岸各国に被害をもたらした。その犠牲者は30万人。そんな中、話題となったのが、本書のテーマである「稲むらの火」という物語である。インドネシアのジャカルタで、この津波に関する緊急首脳会議が開かれた。その昼食会の席上、シンガポールのリー・シェロン首相から、小泉総理に「稲むらの火」について質問があったという。
タイトルに惹かれて、数ある災害マニュアルの中から、この本を手に取りました。 しかし読後感想は、【単なる防災マニュアル本などではない】、という事でした。 家庭の防災バッグに一冊入れておけば安心ですよ、という類の本ではなかったのです。 実際に「災害」が起こった時に、過去に人がどういう行動を起こしたか そして、それは何故だったのか、を淡々と心理学的に分析していき、 では、どうしていくべきなのか、どうすれば良かったのかまで 非常に分り易く、かつ簡潔にまとめられています。
東海地震で浜岡原発が爆発した場合、 首都圏が放射能によって壊滅的打撃を受ける。 その際の対策マニュアル等が 具体的に書いてある。 放射能対策グッズのシートまであり、 防じんマスク、使い捨てレインコートなど チェック項目付きで一覧表になっている。 本の副題が、「誰も知らない震災対策」である。 今まで、「原発がいかに危険か」という類の 本はいろいろ出ているけど、 こうした原発震災を想定した対策マニュアル本が 書かれたのは聞いたことがない。
 この本は、M5以上の地震を95%以上の確率で予知していくという内容のみに印象を奪われがちであるが、それだけではない読み応えのある本である。  阪神淡路大震災のテレビ報道に涙してしまったこと。天文を止めるか、地震予知の観測を続けるかの二者択一に迫られたこと。回りの方々のサポートを受けながら、みなで協力してやってきたこと。不思議なことに、本書を読み進めていくと、著者の感じた苦悩や喜びが、不思議と読者と共通の体験となり、僕も頑張ろうという気になってくる。科学書の枠を超えた生きる勇気を与えてくれる本なのである。
サバイバルやアウトドアの本を買うなら、まず本書をおすすめしたい。 火や水、食料の確保、小屋の作り方、有用・危険な動植物など、 必要な知識がふんだんに盛り込まれている。 また、イラストも豊富で、わかりやすい。 加えて、震災への対処法が書かれているのがうれしい。地震が おきたらどうするかや、避難所でなるべく快適に過ごす方法、また 避難先で一番困るトイレの設置法など、とても参考になる。 アウトドア志向でない方にも、震災に関する箇所はおすすめしたい。
「海上自衛隊、東京都庁、千葉県庁、郵便局で採用」というところに惹かれて購入しましたが、実際に売り文句に間違いはありませんでした。 力任せに振るのではなく、小刻みに振るのですから、30秒位は女性子供でも振れそうに思います。実際に点灯してみると、LEDライトなので非常に明るいです。 小さいサイズもありますが、いざという時には短時間の充電で長時間の点灯したほうが実用的ですから、どうせならこちらの大きいサイズを買っておくべきだと思います。








Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク
ホーム | ブログ
Copyright © 2006 GaiaNews.com All Rights Reserved. テンプレート by ネットマニア