×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


[目次]

[無料占い] [無料ゲーム]

外国為替証拠金取引がいこくかわせしょうこきんとりひき)とは、小額の証拠金(取引額の数%〜10%程度の額。保証金ともいう。)を業者に預託し、差益決済による外国通貨の売買を行なう取引をいう。金融派生商品(「デリバティブ」)の1つ。「FX」、「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」などともいう。

商品先物会社、証券会社などで扱われていることが多い。

本取引は、外国為替相場に関する知識や経験を要するハイリスク・ハイリターンな商品。

特徴

外貨預金と比較した場合の特徴を挙げる。

  • 為替レートが同一の時の売りと買い(外貨預金の電信買相場(TTB)と電信売相場(TTS))の差が小さい。また金利差によるスワップポイントも外貨預金の金利より有利な場合が多い。
  • 商品先物の証拠金取引と同様、損失が一定額を超えると強制的に反対売買がなされる。またそれよりも損失の小さい段階で追加証拠金の差し入れ(追証)を請求される場合もある。
  • 外貨預金では米ドルを買って一定期間後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に米ドルを売って一定期間後に買うことも可能。(いわゆる「売りから入る」)
  • 日本円しか持っていなくても「米ドルを売ってユーロを買う」ことが可能。
  • 税法上、外貨預金の利子は利子所得(源泉分離課税)となるが、外国為替証拠金取引のスワップポイントは雑所得(取引所取引は申告分離課税、店頭取引は総合課税)となる。為替差益の扱いはどちらも雑所得(取引所取引は申告分離課税、外貨預金と店頭取引は総合課税)。

主なリスク

  • 外国為替相場の変動
相場の変動がある以上、利益が期待できる反面、損失を受ける場合がある。証拠金の何倍もの取引を行うことができるため、損失が預託した証拠金を超え、さらなる証拠金を請求されることもあり得る。
  • 業者に対する信用リスク
業者が倒産すると、預託していた証拠金が戻ることは期待できない。(ただし、自主規制で客から委託された証拠金は自社の資金とは別勘定で信託銀行などで管理するところもあるので、約款などで確認することになる。)

取引の例

取引の例を示す。

(ここでは、簡単にするため金利や手数料は考えず、相場変動だけを考える。)

例:

5000ドルの証拠金を預託すると、10万ドルの取引が可能とする。つまり、証拠金は取引額の5%。

(預託した証拠金よりはるかに大きな取引が可能であることに注意されたい。)

1ドル=120円のときに取引開始して10万ドルを買い、その後、1ドル=115円になったとする。 このときの収支は、どうなるであろうか?

1ドルあたり115円-120円=-5円であるから、10万ドルでは50万円の損失である。
また、証拠金は1ドル=120円のときに、5000ドルであるから60万円である。
結局、初めの証拠金の60万円に対して50万円の損失を差し引くと、残るのは10万円だけであり、実に初めの1/6の金額となってしまう。
(実際には、途中で追加の証拠金を求められることがあり、これを追加証拠金(「追証」)という。また、10万ドル全額で取引したというこの例の設定自体も、無謀な取引の例である。)

上記と逆に、その後、1ドル=125円になったという例を考えると、50万円の利益となる。

つまり、初めの証拠金の60万円が110万円となり、実に2倍弱になるわけである。

これが通常の外貨預金であれば、1ドルが5円上下したところで、元金10万ドル(1200万円)に対しての50万円の損失または利益である。一方、外国為替証拠金取引では証拠金5000ドル(60万円)に対しての50万円の損失または利益である。

このようなことを考えると、外国為替証拠金取引が極めてハイリスク・ハイリターンなことが理解できる。

金融商品販売法の適用

本取引は、2004年4月1日施行の「金融商品の販売等に関する法律」(「金融商品販売法」)の改正により、「直物為替先渡取引」に該当することが明確になった。(金融商品販売法 第2条1項12号、同法施行令 第4条)

このため、業者はリスク等に対する説明義務が課せられる。説明が尽くされておらず顧客が被害を蒙った場合は、業者は損害賠償責任を負うことになる。(同法 第3条1項2号、第4条)



巷にある同様な本をかなり読みましたが、すべて難解でした。しかし、この本は初心者の読者の心理を見事に想定されていて、最もわかり易かったです。同様のテーマの本をお探しの方は、まず、細野さんの本を読んで次のステップに行かれる方が私は近道だと思います。自己責任の時代と言われるようになって数年経過した世の中で、その為に、金銭(投資)理解を深めなきゃ・・・と思っている方は多いと思いますが、時間は有限です・・・。その有限時間を無駄にしないためにも、初心者(初学者)にはうってつけの本だと思いますよ。

外貨証拠金取引のシステムについて、他の入門用の本などには書いてないようなことまで詳しく解説してあります。正直、ここまで知らなくても取引はできますが、知識として知っておくのは無駄ではないと思います。あとは、この本を読むまでは一目均衡表についてあまり知らなくて、勘違いしてたところもありましたが、この本のおかげで理解が深まりました。いくつかの通貨を例に用いて、一目均衡表の読み方について詳しく解説してありますので、読み進むごとに理解が深まっていくのではないでしょうか。これを見るだけでも、この本を買う価値はあると思います。

株や外貨やぜんぜんちんぷんかんぷんな、私でしたが、まずはなじみのある漫画から入りました。 ストーリーがあり、とてもわかりやすい、説明でしたので、これから、外貨を勉強しようとするかたにもってこいです。

外国為替証拠金取引についての基本的な知識が書かれています。 外貨預金や外貨MMFには無い「IFD」「OCO」などの注文方法の使い方や、現金取引でないが故のリスク管理、外国為替証拠金取引業者の選び方などが詳しく書かれており、為替についての知識はあるけれど証拠金取引は初めてという方に役立つと思います。

外貨の入門書としては、素晴らしいデキだと思う。 外貨預金、外貨MMF、債券、外国株、ADR、そしてFXに至るまで、基本に忠実ながら詳しく述べられている。 特にFXに関する指標(雇用統計、失業率、ISM指数、日銀短観など)について説明されているのには感銘を覚えた。高金利通貨ロングポジション維持だけを書いているFX本の著者に見習ってほしい本である。

私自身長いことFXを続けていますけど、この間に積み上げてきたノウハウ が全て凝縮されている内容にビックリしました。5人の個人投資家の方々 は、よくぞまあ惜しげもなく自分の売買ポリシーを晒してくれましたね。 通常では考えられませんよ。 この世界のプロの方々が書いているFX本は多々存在しますし、これらは売 買手法構築の一助とはなりますけど、この域に辿り着く以前に本来必要と なる”一般的な投資家(特に初心者)が嵌る罠を如何にして乗り越えるか” について触れていた本は今までなかったように思います。

ニュースなどに一喜一憂しないで、計画的にトレードして、着実に利益を上げるには「システムトレード」がよい、ということは理想形として考えていました。ただ、なかなか「これならできる」と思えるようなわかりやすい参考書がなくて困っていたのですが、この本はかなり面白かったです。とくに非常にシンプルで簡単な売買ルールであっても、使える(期待値が高い)ものはたくさんあるし、ちょっとした工夫次第で有利な立場で相場と対峙できるということが目からウロコでした。

 本書の特徴は、次の2点にある。1.紙面の半分近くを投資哲学の説明に費やしている点、2.単なるテクニカル指標の解説ではなく、仕掛けから手仕舞いまでを詳しく解説している点である。  特に投資哲学に関しては、肝に銘じておかねばならない至言である。また前著で触れられていなかったテクニカル指標とチャートのコンビネーション、ピラミディングは大いに有効なので、直ちに実践したいところである。

低金利の時代に、誰でも簡単に始められる為、ある種、流行ともなった外国為替証拠金取引を利用し、利益を追求する著者の方法を簡易に解説している。野村氏は外為レポート等でも有名な方で、そちらでは短期投資についての記述が多いように思われるが、この著作では、レバレッジをおさえる事で比較的リスクを少なくし、金利による利益をもとにした長期投資について書かれている。入門的な書籍であるので、広く、浅くといった内容ではあるが、基本は押えられており、これから外為取引を始めてみようという方は一読しておくのも良いのではないでしょうか。

本書はハードカバーの文庫本版。 要するに、経済学等の理論は、現実を認識するための整理学。しかしながら、市場の現実は整理学だけでは把握できない(理論はもちろん知っておかねばならないが)ほどバラエティに富んでいるので、市場やそこにある情報を上手に熱心に収集し、自分なりの枠組みで考えること(これがたぶん知的謙虚さだと思う。)がポイントだとわかりやすく説いてくれる。
為替オーバーレイ、為替リスク管理に関する本は少ないので、貴重な本である。多くの人に読んでもらいたい充実した内容である。為替市場は一見やさしい市場に見えるが、実際にヘッジしたり、投資してみるとその難しさを実感する。つまらないハウツウものが多い為替の本であるが、本格的な本が次から次へと出てきて、為替市場に対する投資家、企業、年金等の行動に気合が入ることを希望する。
去年からFXをやっているんですが、利食いや損切りの設定を適当にしていました。この本を読んで、設定の仕方がクリアーになった感じがします。フィボナッチはかなり有力な目安となりそうです。早速、使わせてもらいます。あと、ドル円だけでなく、ユーロ円、ポンド円など色々な通貨ペアのことも詳しく書いてあったので、参考になりました。実践的な本だと思います。
外為市場に関するエッセイ集。外為市場の雰囲気が伝わってくる。 また、本書から外為取引に限らず、投資全般に際して必要とされる物事の考え方、心構えを感じることができれば、投資家としての素養があるように思う。 私が心に残った一節。相場が思う方向に動かなければ、機が熟すまで耐えていなければならない。「九割は我慢して、一割を楽しむ」。これも一人の男のディーリングに対する美学である。
「単純なルールでなくては実行に移せない」しっかりとしたロジック(論理)がなくてはトレーディングルールを作り上げることは困難です。実践に役立つトレードルールを他人から学ぶことも大切ですが、各自のスタイルに合ったルールを作るために、ロジックを学ぶことも重要です。トレンドを分析して、どのようにトレードするのか、例を挙げて解説したいと思います。トレンドの定義は各自によって違いがあります。また、時間帯の設定によってはマーケットの動きの捉え方が変わってきます。トレンドの定義からスタートをし、トレーディングルールに欠かせない仕切りとRe-Entry。この2点について解説。
主に為替市場の短期トレードで実戦経験のある人対象とした利益を上げるためにはなくてはならない基本の復習から経験的実践方法を伝授するものです。為替市場に焦点を絞っていますが、短期売買のノウハウとして他市場への応用も可能な手法が含まれます。実際に売買を手がけている講師の経験と短期パターンを基に個人が勝てる戦略を紹介。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク